私がこの10句42文字のお経に注目したのは

 

 

冒頭に述べたように

 

 

言わずと知れた

 

もはやライフワークになってる日本人に合う私たち庶民にも届きやすい
心の奥底の浄化法・・いわゆる潜在意識領のクリーニングに、このお経が効く可能性を感じたからです。

 

私の場合は工学系の方面でありながら仏典も読んでましたが
それよりかは学生時代から、よくバイブルを真剣に読んできたので・・
こっちのほうが、もしかしたら仏典よりは読んできた分、まだ門外漢から少しだけ遠いかもしれない

 

 

 

それでも「 実証性 」という形で抽象化し、そこから役立つ何かを探りたいというのがある。

 

 

それで、そういう信条みたいのを外してスクリーニングしていったんですけど

 

 

個人の潜在意識のさらに奥の集合無意識のとこで何かあるんじゃないかと思ったのは

 

 

日本人の集合無意識である“日本人的自我”と言いますかDNAの中には
お日様への畏敬の念と歴史的、ご先祖さま的に

 

観音菩薩への敬慕があって拠りどころにしてきた背景が精神風土として
横たわってある気がしてるんです。

 

 

 

( 日本人の全てとは言わない・・
その系統のうちの何割かに当たるという直観はあるし
物欲が全くないのも何となく問題のような気もするけど、あまりにも感覚の欲や本能欲
物欲をあおって消費欲を扇動する物質文明と、「それは科学的じゃない!」
でバッサリ切り捨てる科学万能主義でそういうの、すっかり断絶された気はするけども )

 

 

それを証拠に般若心経というお経

 

1500年前のものであるにも関わらず

 

 

事実として、このお経が日本人には最も身近なものとして
病の平癒や所願成就・・はたまた仏の知恵を悟るために・・ということで
よく読まれ写経も盛んに行われている。

 

 

 

で・・よくよく考えると・・考えるまでもないんですが

 

 

 

この心経の主人公は観自在菩薩=観世音菩薩(= 観音さま )でして

 

 

 

舎利子( サーリプッタ )という知恵第一・・天才中の天才
と言われた方で、このサーリプッタって方も´悟った方´って言われてるんですが
そういう御方に優しく語りかける形のストーリー仕立てになってるお経です。

 

心経も延命十句観音経同様にお釈迦さまのお経ではないと批判なさる方も多いですが
十句経同様に、このお経の効験も夥しいものがあり
私としては良い結果が出てるのだったら、それでよいという考えです。

 

 

 

天風先生の口述書の心身統一行法だって、自分で実践し、よい生活果が出て
さらに、私以外の他の方も素晴らしい結果が出てなきゃ
サイトに、ここまで長く掲載し押しまくったりしてませんから‥

 

 

般若心経だって、そこに何かないと1000年以上の太古から
現代にまで引き継がれてないでしょう。

 

 

観音さまが主人公のこのお経を訳すのは畏れ多いので控えさせていただきますが

 

 

 

この世界を成り立たせている観える命の次元と見えない命の次元のうち
見えない命の次元に働きかける・・
すなわち、これまでの既成概念の枠を外し空を辿って
心を超えた魂の次元(不生不滅不垢不浄)に超入した領域で邂逅できる
その領域で観音菩薩の妙智を感得し霊性の進化を促す力を受けることで
苦厄を度す仏の知恵が解かれたものでして

 

 

 

安心してよ!大丈夫だよ!という、親しみがあって母性的な
あったかい響きも感受でき心の勇気の圧を高めてくれる明るさがある。

 

決してお亡くなりになった方の冥福をお祈りするためだけのものではなく
現に生活してる私たちがつまづいたときや疲れた時にもパワーをくれるもの
だと私は思ってます。

 

 

 

そんな具合に日本人に最も親しまれているお経が
観音さまを主人公にしたheart sutra( 般若心経 )です。

 

 

 

 

 

また

 

 

 

「今昔物語集」「宇治拾遺物語」など日本人に親しまれ読まれてきた日本昔話には
観音さまがたくさん出てくる。

 

 

 

メジャーなのは宇治拾遺物語の「 わらしべ長者 」でしょう。

 

 

 

観世音菩薩に21日間祈り続け、夢に出た観音さまのお告げを信じることにした若者が、
長谷寺を出て最初に手にしたのは一本の藁だった・・っていうアレです。
この昔話も象徴的ですが

 

 

さらに

 

般若心経は宗派を超えて唱えられている伝統があるし

 

 

観音さまへの讃嘆が込められた、十句経についても宗派を超えて、その名を知られているということもあります。

 

 

そういう背景を鑑みた総合評価で数多あるマントラの中でも

 

このお経( マントラ )を氣海丹田の寶所( 宝所 )に向けて思いやりの気持ちを込め一心に念誦することが
日本人にも合ってて阿頼耶識という潜在意識の深い最深層を含めたクリーニングになって
堆積され断絶された恩恵の場につながり霊性の進化を促す可能性というのに期待したというのが論旨になります。