今回は、虚空蔵求聞持法について( 実践 )研究したことがあるので書いてみようと思います。
この真言念誦の行法は、欲張らず先ずは腹を練って丹田開発を十分にして丹田および下半身、足下に氣が鎮まり易くなってからでないと体験上体液のバランスが崩れて頭に氣が集まりすぎ一般人にはリスクがある方法だと思っていますが

 

 

実践方法は弘法大師全集の「 求聞持次第 」という項目のなかで拾うことが出来ます。

 

  インドの古語であるサンスクリットの文字にカタカナの振り仮名をふる形で紹介されています。
 ( 興味のある方は、以下の「 近代デジタルライブラリー 」の弘法大師全集の第5冊698ページをご覧ください )

 

 

  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/819285/354
( 4行目に記されています。 拡大表示設定をすると読めるかと思います。 全集では、ノウボウではなく、ナウボウというカタカナの振り仮名が付けられています。文献によって微妙に読み方が違うようです )

 

 


「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリ キャマリ ボリ ソワカ」

お大師さまは、この真言を非常に大事にされ
この真言を100日間で100万遍念誦するという行を生涯で10数回為さった言われています。

 

かく云う私も、この真言をマントラ研究というのを兼ねて唱えた体験があるんです。


 


 

 

 

 ちなみに、そもそも、この記事を書く気になったのは
私がたまに見ているHPに船井幸雄先生のHPがありまして


( 私的<わたくしてき>に)興味深い、、

 

( 今回の記事を書く動機付けになった )以下の記事がありました。

 

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201106003



( 以下引用 )



マントラはなぜ効くのか? よいマントラを活用しよう。

 世の中には多くのマントラ(真言)があります。これは効果があるようです。

 私がマントラは効果があるのだな……と知ったのは、

1980年代のはじめにTM(超越瞑想法)を知った時が、はじめてです。

 大発見だというので『超瞑想法TMの奇跡』(85年5月 PHP研究所刊)を出しましたが、

この本はよく読まれ、日本にTMブームをひきおこすとともに、「マントラ」というコトバも普及させました。


( 中略 )


波動も鋳型も「確信する」と強固になるのが分りましたので

「良いことが実現できる、と確信しなさい」、と’90年ごろからたえず言うようになったのです。

これは真理だと思っています。

 ところで、きょうはよく効くマントラの話しをしようと思います。

 先月のことです。船井総研で私の秘書をしていた女性(愛称 みいちゃん)が

「最高のマントラを見つけたので、お知らせします。おやりになりませんか?」と

空海や日蓮がよく唱えたという虚空蔵求聞持法のマントラを教えてくれました。

それは100日間で100万回唱えると効果が絶対だというのですが、


「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリ キャマリ ボリ ソワカ」という真言でした。

 それだけでなく、この真言は、北海道で成功塾(?)を開いている鈴木公一さんが詳しく、

いま大人気だとも教えてくれたのです。

 その後、忙しく鈴木さんのブログを一通り見ただけで、それ以上はまだ調べていませんが、

興味のある方は自分でお調べください。

 ところでこれは効きそうです。鈴木さんは「能望真言」と言っているようです。

 ホ・オポノポノの効果も同様原理だと思います。日本でもかなり流行してきましたので、

日本語の「ありがとう、ごめんね、愛しているよ」が鋳型になり、段々と効くようになってくるでしょう。


( ここまで )


 この記事を読んで、求聞持法にまつわる瑣末な自身の体験を書いてみようと思った次第ですが・・・

 


 この真言は、般若心経同様、私も随分以前から研究材料としてコツコツと取り組んでいまして、

人事を尽くしたうえでの( 助けられた感 )もある馴染み深い真言です。

 

 

( 童心にかえって、この真言〔 マントラ 〕をコツコツ唱えて1カ月が過ぎようとしていたころ ※累計1万遍くらいになってた頃だと思います )

 

 仕事の面で、( いろんな業務が積み重なって先延ばしになってしまった案件 )があって苦しい状況に追い込まれたことがありまして

 いつものパターンでは、その事情を報告して、報告後は清水寺に飛び込むようなつもりで意を決してやる・・というパターンだったのですが

 

 

 今までの解決のパターンとは明らかに異なる得体のしれない高次の何かの働きみたいなのを感じて解決できたことがありました。

 

 言葉で説明するのが難しいのですが・・まだ100万遍(120万遍)には到底達してない頃
 おおよそ累計1万遍程度の実践をしてた頃でしたが
 人事は尽くしてたのは、基本、これまでと変わりなかったんですが奇妙なことには周り( 出来事 )のほうが動いてパタパタと事が運んで、奮闘努力にあまり苦が伴わない相当に楽な形で、すんなり完結した・・というような展開です。

 

 

 で、こういうパターンはこれまでになく‥自分自身を自己分析して
 常識的で理性的‥極めて現実的な人間を自負してるんですけど・・
 どうにもこうにも「 得体のしれない高次元の何かの働き 」というのに
  想いを馳せざるを得なかったし
人事を尽くしたうえでの「 大きく守られ助けられた感 」が非常に大きかったので、思わず感謝し続ける気になったというのがあるんです。


助けられた・・というのは、個人的な体験に基づく主観的な感想でして、この真言を心を込めてコツコツ唱えていたからそうなった・・と短絡的に決め付ける類のものではない・・のですが、、、

 

 

苦しい状況に追い込まれたなかで、努力はして人事は尽くしたとしても非常に楽に解決できた分、助けられた感が強く、よい思い出として心に残っています。

 

 

 

 

  ところで

 

 ここで「 真言 」とか書きますと、大抵の方は、仏教のなかの真言密教を連想しがちかと思いますが、

真言という言葉自体は、元々はマントラという言葉を漢訳したもので、発祥は古代インドにまで遡ることが出来ます。( 出典 )

 

 

 そういう広い意味でとらえるなら

 

 いろんな宗教、宗派でも、その教義が象徴され、反映され、その教義を数個の文字に圧縮した形の真言というのが大概あって

 

 浄土宗系とかですと

 

 南無阿弥陀仏( なむあみだぶつ )

 

 日蓮宗系ですと

 

 南無妙法蓮華経( なむみょうほうれんげきょう )

 

 

 

 臨済宗ですと

 

 白隠禅師の延命十句観音経 

 

 観世音 南無佛 ( かんぜーおん なーむぶつ )
 與佛有因 與佛有縁( よーぶつうーいん よーぶつうーえん )
 佛法僧縁 常楽我浄( ぶっぽうそうえん じょうらくがーじょう )
 朝念観世音 暮念観世音( ちょうねんかんぜーおん ぼーねんかんぜーおん )
 念念従心起 念念不離心( ねんねんじゅうしんき ねんねんふーりしん )

 

 これについては延命十句観音経1000回というのでページを後年作っていますが

 

 

 さらに仏教の宗派に関係なく割とメジャーなのが

 

 般若心経( 262文字 )

 

 

 というのが、その宗派のそれぞれの教義を象徴する簡潔な真言(マントラ)としてその宗教を信じる信徒のために提示されて心を尊い念で満たしパワフルにする・・ということになるのじゃないかと思います。

 

 神道系ですと祝詞やら、あるいは「十言神呪」(とことのかじり)の

 

天照大御神( アマテラスオホミカミ )や

 

唱え言葉 「 吐普加美依身多女 」( トオカミエミタメ )( トホカミエヒタメ )

 

という神呪が広義の意味で真言(マントラ)ということになるのかもしれません。  

 

 さらにキリスト教系にまで踏み込むなら、キリスト教系統で教義を象徴し数個の文字に圧縮した形の真言に当たるものが何かあるのか?ということについては、( 研究不足かもしれないですけど )パッと思いつくものがありません・・・

 

 強いて挙げるなら主の祈りを心魂を込めて繰り返し唱えることがそれに当たるのかな?という気がしますが・・

 キリスト教系で、そもそも古代インドを発祥とするマントラやらマントラ行というのが概念としてあるのかは・・バイブルは学生時代から、よく読んでるんですが、そういう方面についてはあんまり研究してないので定かではありません。

 

 

 説明を虚空蔵求聞持の真言( マントラ )に戻しますが・・・

 

 

 このマントラ( 真言 )を繰り返し繰り返し一心に念誦することで右脳が開かれて、ずば抜けた記憶力を持つ、、というような記述が七田眞先生の著書にもありまして

   未開発の脳領域を開くのにもよい・・というようなことが書かれていました。


 

 

 


 

 

 私の場合は密教を深く信じているわけでもないのですが、日本の仏教文化や思想にも大きな影響を

 

与えた弘法大師( お大師さま )

 

この御方は、そのご生涯を俯瞰すると´神秘家の顔´と´実務家の顔´を持ってて
最澄とのやり取りなど真理探究や行修に対し非常に厳しい‥ひたむきな一面も見せるけども
廣さもある・・そういうエピソードに、なぜか惹かれるとこがあったし

 

先にも述べたようにこの真言をクンバハカにして、ゆるやかな形で1万遍程度念誦したせいかわからないけど、主観的に、これまでのパターンとは明らかに異なる妙な展開で仕事が捗ったというのも後押しし
 心身統一法の実践だけでは飽き足らずやり続けた・・わけです。

 

 


(  これをやり続けた本当の理由は、
ブログ等で表明すべきことではないので控えますが
言霊の持つパワー〔 想念エネルギー 〕というものも研究していて
マントラを無心に行じることが天風哲人の定義なさっている積極観念養成にも貢献するんじゃないかと思ったのも割り切ってやてみるか・・と思った動機のひとつになったように思います。本音はバイブルを真剣に読んできた人間なので抵抗が全くなかったと言ったら嘘になるけども・・
天風先生の口述書のおかげで、あんまりそういうのに拘りや頓着がなくなったというのもある

 

  やり始めた時期は、この記事を執筆している今から遡ること7年以上前の

2003年12月です。

  あれこれ下調べをして取り組み始めて

 

 3週間( 21日間 )の方向性を定めるための地ならしの準備期間を経て、表計算ソフトのエクセルで記録を取りながら本格的に始めてコツコツやっていきました。

 

 続けていく気持ちになったのは、21日間くらい続けた時に、周りのほうが動いてパタパタと解決したことがあった・・というのも後押しになっていますが

 

 山あり、谷ありの紆余曲折を経て・・そのプロセスで、佳いことばかりでなく、辛いこと含めて、いろんなことがありましたが・・

 

 

どうにかこうにか4年以上かけて100万回( 正確には120万回 )まで積み重ねることが出来ました。

  


 ( 本来は100日でやらないといけないものみたいですが )


 私の場合は通勤時や仕事のオフ時間やらをメインに行っていたので

100万遍(120万遍)を達成するのに非常に時間がかかりました。

( 記録によると1500日くらいかかっています )

 

 


  本来は虚空蔵菩薩 wikiにも記述があるように
   空海( お大師さま )のような人間離れした能力を得たり、あるいは、神秘的な何かに、この行法で穿ち入るには

 絶食に近い状態に心身を置いて・・「 極限状態 」で100日間( 50日 )で決められた回数をやり切らなければ死を意味する・・というような凄まじい覚悟で徹底的にやり切らないといけないのかもしれないですし、

 

 篤い志と信念( ある意味では信仰 )を持って、世俗的なことの一切を捨てて厳粛、厳格な手順と作法に沿ってやらなければ本来の効能が生じ難い、、というのがあるのかもしれません。


 ですが

 

 若かりし空海( 佐伯真魚 )が道を求めて、一切合切を捨ててひたすら行っていたように


 全てを捨てて絶食に近い孤独で極限な状態の中で100日で100万遍( あるいは、50日で100万遍 )やろうとしたら、

 1日に1万遍( 50日の場合、2万遍 )を念誦しないといけないですので

 そうなると生活( 身口意 )の殆ど全てを、この真言を唱えることのみに注ぎ込み
 捧げ切らないといけません。

 ( 参考文献 )



正式なやり方の場合は、ここここでも虚空蔵求聞持法にまつわる資料や体験談をざっと読むことが出来ますが、そういった資料を読むと正式なやり方で求聞持法をやって頭がいかれた方もいるようですし

 

 実際、出家なさった方が正式なやり方でやる場合とかは、行法を修める途上で肉体生命を失う場合もあるし発狂する方もいるとされているほどの荒行で


  過去の歴史のなかでは、行修途上にして生命を失った例も沢山あるようです。
 白隠禅師が激しい修行で氣が頭に集まりすぎ、のぼせ上がったような状態になって
丹田呼吸で危機を脱したように・・無理をし、焦りすぎて体液のバランスが崩れたんだと思っていますが・・

 

私の場合は、「 弘法大師全集 」他、分厚くて難解な専門文献の中から求聞持法に関する文献なども、実践積算させながら慎重に調査して、行法のやり方とかを知ることは出来ましたが、そういう高度な作法に則って、やろうとは( とてもじゃないですけど )思いませんでした。

 

 

( 何故かと言いますと、正式なやり方には、特殊な印を組んだり、高度なイメージの制御力を要する行法が含まれていたり、
 月蝕に始める等、色々な細かいきまりが多過ぎて躊躇したというのもあるし
  正式にやるには得度(とくど)を受け、

 

  かつ

 

  卓越した師匠について、しっかりと監督を受け、
 非常に清浄な空間でやらなければ、生半可な浅知恵でやったらよくない・・
  畏れ多いこと・・と考えたからです。

 

 

 ※当方は、宗教宗派のこだわりなく
割とバイブルも普通によく読んでる( 読んできた )し
神道とかも多少研究してて禅仏教や仏法とかも探求していますが
求聞持法で虚空蔵菩薩の真言100万遍やるからとて、こういうのも、恐らく縁だと思うんですが、得度(とくど)を受けるつもりは、なかったですし、この考えを選び取って
クンバハカ・ベースで丹田に気を鎮めることも併せてやったことは
今から振り返ってみても無難で正解だったと思っています。

 

 


 特殊な印を組んだりとかイメージや高度な観想を含む行法ではない、ゆるやかでシンプルな方法で
( 1日500回〜1000回程度を意味や内容を言語意識であれこれ考えずに、心を込めて、ひたすら唱える、、という方法で )大らかな気持ちで地道にコツコツ行ったのですが 

 

 

 

 

  最もシンプルで、ゆるやかな方法でやったとはいえ、

 

 それでもやってみると意外に難しくて、最初は、たった100回唱えるだけでもやり始めた当初は時間がかかっていました。

 

 

ですが

 

 少しでも早く唱えれるように・・というので、工夫してやっているうちに、どんどん念唱するスピードが早まって
  最初は、ゆっくりしか唱えられなかったのが、早く唱えることを意識して訓練していくうちに

超早口で、ぶつぶつ唱えられるようになって、有難いことに時間を多くかけないでも済むようになっていきました。

 

( 眉間を涼しくし肛門を締めて肩の力を抜いて下腹を充実させ只管、真言の音に自分自身を没入させるという唱え方 )

 

( そうして打ち込んでやると、この只管唱えてる音が刹那途絶えたときに稀に安定打坐法における空境を味わってる感覚にもなるので驚いた記憶もあります )


 

 




 やってみて( やり続けてみて )しみじみ思ったのは

 

( 正式なやり方、作法に則ったやり方ではやらなかったものの )


  「 言うは易し 」一見簡単そうでも、実際にやってみると

  ( 正式なやり方ではなくても )

   複雑なマントラ( 真言 )を日々延々と繰って、1500日くらいかけて、100万遍( 正確には120万遍)やり遂げるのは意外に難しかった、、ということ。

 

 そのプロセスで、私生活や仕事でも、いいことばかりではなく、いろんなことがありました。

 

( 正直な本音を言うと・・行修の最初のうち・・さらに始めてから1年くらいのときは
100万遍なんて無理でしょ・・と気が遠くなり幾度か挫けそうになりました。
ですので100万遍( 実際には設定を120万遍にしていた )を達成したときは嬉しくて高野山ではなかったけどもそこそこ近場にある弘法大師ゆかりのお寺に行って報告に行ったくらい嬉しかったのを記憶しています。さすがに、そこのお寺の関係者の方とは何の面識もないので、そんなの話すわけにもいかなかったので人知れず・・ということになりましたけど・・ )

 

 

 それに・・

 

 実際にやってみて・・( やり続けるうちに )

 

 ( 客観性がない・・主観的な見解に過ぎませんけど )

 

   高次の何か・・得体のしれない働き<導き>に思いをはせるようになったのも事実です。

 

 


 

  さらには


 100日間( 50日間 )で100万遍唱えるなんて空海( お大師さま )って素直に凄い・・
 この方は、この荒行を十数回為さってると聞き知って
  やはり桁違いの方だと思いました。
( 弘法大師の場合、私が4年以上かけて、やっと100万遍(120万遍)やった同じ期間で
  その十数倍の1600から1700万遍の念誦をなさってることになる ) 

 

 

なお、この行法については、今もこの伝統が残っていて、空海(お大師さま)以外にも
正式な作法と手順で命を賭けて、この方法を修して成就なさったお坊さまも
いらっしゃるようでして、いやぁ、、ひたむきに道を求める一念が凄いなと思いました。

 


 

 ご興味のある方は


   京都大学の上山春平名誉教授が若かりし頃、

  「 虚空蔵求聞持法 」に、ひたむきに取り組んだ体験を紹介した貴重なサイトもありましたので、興味のある方はご覧ください。


素直にその体験を綴られていました。

( 既出ですが )

   http://sekiho.ddo.jp/jinsei2.html

 

 

 

 その一方で


  「 求聞持法の只管暗唱により間脳記憶が開く 」ことについては、最先端の脳科学から見ても根拠は、どこにも見当たらない、、迷信に過ぎない、、等、色んな批判記事もあるようです。

 

 

 

( 追記で )

 

 当方は、密教を専門に学んだこともないし、僧侶でもない・・・

 

 そういう門外漢の立場の人間が( 個人的にやったことの体験を )ブログの形とはいえ書くのはどうなのかな・・書いてよかったのかな・・・という思いも、どこかにあります・・ 

 

 こういったことも、人それぞれのことなのですが、もし、万一興味があって、やってみたいとお思いの方が一人でもいらっしゃるといけないので追記しておきます。

 

 この記事を執筆している私の場合は、漫然とだらだらやるのは避けたかったので
最初は、タイマーを使って、時間を決めて、その時間だけは集中する、、というやり方にして
 4年以上の時間をかけて記録をとりながら100万遍(120万遍)に達するまで真言を繰る、、ということをしましたが、

 

 

 ( 今から振り返ってみたら )

 

  やる前にでも、弘法大師ゆかりのお寺に行って相談できるなら方がいるなら相談し、実践することを報告すべきだったな・・と思ってるし

 

 

  回数とかに、あまりこだわったりせず

 

 日本の歴史上稀に見る、あの天才のなかの天才の空海( 弘法大師 )が
非常に大切にしたマントラ( 真言 )・・
そのご生涯で100万遍の実践を十数回為さってるそうで・・
日蓮上人や弁栄聖者など日本史に出てくるような高僧も取り組んだ真言ということをかみしめて、丹田に氣を集めて、しみじみ、じっくりと唱えて、その響きに心地よく身を浸し心を満たすだけでもよいのではないかとも思っています。

 

後は・・せっかく、やるのでしたら、信仰を持ってるなら
その筋の住職さんに相談するか、そういう方面の信仰がなくても
せめて、お大師さまゆかりのお寺に人知れず報告に行った方がよいと思っています。
( 私の場合は人知れず御報告
ということになりましたけど、気にも留めてなかったんですが、よくよく振り返ってみたら始める時も、高野山ではないけども近場に弘法大師に非常に縁の深い有名なお寺があって神社仏閣大好き人間なもんで、フーン・・へーーッと参拝しつつ眺めて・・120万遍終えるとき・・その際は、その地を離れて引っ越しをしてたんですが、これまた所縁の地が近場にあったというので、偶然とはいえ、なんか奇妙なこともあるもんだなと思ったことはあります
 )

 

 

 

マントラが合うか合わないかは人それぞれで、いろんな背景があるはずでして・・・
そういうのは容易には見つからないとは思いますが・・・

 

 

 沈んだ気持ちになったときに、真言を唱えたら晴れ晴れするようなよい気持ちになったり

 

 平安感が増したり

 

 自然な衝動として純朴な慈悲心が出やすくなったり

 

 

 むくむくと体内から力が湧き上がったりするような感覚が微かにあるのでしたら、マントラとの相性が好い験と見てもよいのではないでしょうか?

 

 あとは、無理をしない・・呼吸のバランスを崩さない・・クンバハカと併せて丹田を決めて重心を下げ腰に氣を集めることはリスク回避のためには、やはり必須だと体験上思っています。